ピアノ買取のトラブル

ピアノ買取の際に実際にあったトラブルについて紹介します。

 

引取り日当日になって言われていた査定額より減額されてしまうことがある

 

ピアノを買取してもらう場合、多くが事前に連絡した型番やメーカーにより価格の査定が行われます。そのあと、業者を決め実際に引き取り日を迎えた際になってはじめて業者がピアノの状態を見ることになります。

 

その際に、

 

・事前に伝えていたメーカーが間違っていた
・ピアノの状態が話していた状況より悪い場合

 

などの場合には事前に伝えられていた金額よりも減額されてしまうということがあります。
引き取り日にそのようなことがないようにするには、事前にしっかりとピアノの状況を伝えるようにしましょう。

 

そのピアノのメーカーや、型番はもちろんのこと、どのくらい使っていたのか、誰が使っていたのかというような状態や、喫煙の部屋に置いてあったのか、そうでなかったのかなどの環境なども重要になってきます。

 

 

運び出しをしてもらう際に壁を傷つけられる

 

ピアノの買取の業者が決まり、いざ引き渡し当日になり、家から運び出しをしてもらう際に家の壁に傷をつけられてしまうということがあるそうです。こちらも多くあるトラブルのようで、可能であれば引き渡し当日までにピアノが通るであろう壁などの写真をとっておき、傷をつけられてしまった場合はその証拠写真とともに業者に連絡するようにしましょう。
なんらかの保証をしてくれる可能性があります。

■一括見査定はこちらから【無料】で行えます。

ピアノ買取のトラブル
見積りは1社でも多く取るころがポイントです!!